毛穴 寝不足

寝不足が毛穴トラブルの原因だった!?良質な睡眠で美しい肌へ!

「最近、寝不足のせいか毛穴が目立つ…」そう感じた事はありませんか?確かに、寝不足は美肌の大敵と言います。しかし、実際にどのようなメカニズムで関係しているのか分かりませんよね。

 

そこで今回は、毛穴トラブルと寝不足の関係についてご紹介していきます。又、良質な睡眠の取り方についても記載していますので、ぜひご参考にして下さいね!

 

寝不足が毛穴トラブルを招くのは何故?

 

私たちは睡眠中に成長ホルモンを分泌して、肌のハリを保つ成分を生成しています。しかし、寝不足になると十分な成長ホルモンが分泌されません。その結果、どんどん肌のハリや弾力が失われていきます。

 

健康的な肌の場合、ハリや弾力が毛穴を内側から押し上げて目立ちにくくしてくれます。しかし、ハリや弾力がなくなる事で毛穴の開きが目立つようになってしまうのです。又、ハリや弾力がなくなるという事は、肌のたるみを引き起こしてしまいます。

 

これにより、毛穴も下に引っ張られて雫状の毛穴の開きも見られるようになります。さらに、寝不足は女性ホルモンの分泌も減少させてしまいます。女性ホルモンが減少すると、ツヤのある美しい肌をキープする事ができなくなってしまいます。

 

その他にも、自律神経の乱れからくる肌荒れや、外的刺激によるダメージ修復力低下等も引き起こします。いかがですか?寝不足は美肌の大敵と言われる理由がよく分りますよね。

 

眠らないだけでこんなに多くのデメリットが生じてしまうのです。30代に入っても美肌を保つには、良質な睡眠が欠かせませんので、覚えておいて下さいね!

 

良質な睡眠をとるにはどうすればいいの?

 

*入眠後3時間の睡眠の質を高める*
肌のゴールデンタイムは22時~2時の間で、この時間に眠る事が美肌に繋がると言われています。しかし、近年の研究では肌のゴールデンタイムにこだわる必要はないという事が分かっています。では、どうすれば肌にいい睡眠をとれるのでしょう?

 

それは「入眠後3時間の睡眠の質を高める事」です。この3時間が最も成長ホルモンが分泌されている時間だそうです。よって、肌のゴールデンタイムに囚われる必要はありません。

 

これなら夜勤をしている方や、仕事で帰りが遅くなる方でも簡単に取り入れられますね。入眠から3時間はよく眠れるよう、環境を整えて良質な睡眠をとりましょう。

 

*入眠前の環境を整える*
良質な睡眠をとるなら、眠りの妨げになるような要因は排除しなくてはいけません。例を下記に挙げますので、あなたの入眠前の習慣や環境に問題がないか確認してみて下さい。もし当てはまるものがあれば、きちんと対処しましょうね。

 

・眠る直前に夕食や夜食やお菓子を食べる
・眠る直前までPCやスマホの操作をしている
・パジャマではなく、適当な服で眠っている
・寝具が体に合っていない、又は違和感がある
・寝室の温度や湿度が適切でない為、寝苦しく感じる
・寝室内が明るくてよく眠れない(特に朝に眠る方)
・工事音(朝に眠る方)や隣人の騒音のせいでよく眠れない 等

 

このような環境だと、睡眠の質を高める事ができません。入眠から3時間は熟睡できるよう、上記のような問題はきちんと対処していきましょうね。

 

寝不足を解消して美肌を維持しよう!

 

今回は毛穴トラブルと寝不足の関係についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?寝不足になると、肌には様々な悪影響が現れてしまいます。毛穴トラブルはもちろん、肌の老化にも繋がりますので、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

 

又、今まで肌のゴールデンタイムには眠れないと諦めていた方もいらっしゃると思います。しかし、大切なのは「入眠から3時間の熟睡」です。この3時間にしっかり眠れるよう、入眠前の習慣や環境を整えるよう心掛けて下さいね。

 

良質な睡眠をとり、肌の様々なトラブルを解決していきましょう!